44e9df1e

    タグ:YouTuber


    1: 名無し 2018/10/01(月) 20:27:56.61 ID:CAP_USER9
    タレント/YouTuberとして活躍しているてんちむ(橋本甜歌)さんが、ゲーム実況配信を引退することを、自身のゲーム実況チャンネル「すーぱーてんちむ/むち子」内で発表した。

    近年はゲーム系YouTuberの筆頭として名前が挙がることも多かったてんちむさんだが、引退の理由について、大きく2つを挙げている。

    資格取得、ゲーム好きとしての苦悩
    ひとつは、資格取得に専念したいということだった。
    「自分の頑張りたいことに時間を使った結果、ゲームをする時間をとれなくなってしまった」とてんちむさん。

    以前からやりたいと思っていた、一般職の面接に不採用となったことをきっかけに、自身のスキルアップのために中国語や資格取得のための勉強に励んでいた。
    その結果、プライベートでゲームをプレイする時間がとれなくなり、「ゲーム実況が中途半端になったことに対して罪悪感があった」という。

    また、もっとも大きな理由として、自分がビジネスゲーマーになってしまっていることを挙げた。

    「ゲームチャンネルが大きくなるにつれ、自分が楽しむことよりも、周りからどう見られているかを気にするようになってしまった」と心境を吐露。
    「好きではじめたゲームチャンネルなのに、”やらなきゃいけない”という義務感やプレッシャーを自分で勝手に感じるようになってしまった」とし、「ビジネスゲーマーになるくらいならやめてしまおう」と決断したとのことだ。

    自身のゲーム実況配信チャンネルについては、閉鎖はしないが、当初のようにゲームを楽しむ状態にするため、今後更新することはないという。

    一方で、「何かの配信にお邪魔することもあるかも。配信したくなったときは、新しいチャンネルでひっそりとやりたい」とした。

    ちなみに、ゲーム実況を引退する理由について、モデル・女優の本田翼さんが突如ゲーム実況配信界に殴り込んできたこと(※「ほんだのばいく」に轢かれた)は原因ではないとしている。

    ※ファッションモデル/女優の本田翼さんがゲーム実況配信チャンネル「ほんだのばいく」をYouTubeに突如開設。
    ガチのゲーム好きが伺える実況ぶりに、第1回の配信は瞬く間に288万回再生、登録者数が87万人(記事執筆時点)と、ゲーム実況配信界が騒然とした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15384244/

    てんちむ ゲーム実況配信を引退を発表
    no title

    「てんちむ」橋本甜歌
    no title




    【YouTuberてんちむさん、本田翼に完全敗北…ゲーム実況を引退へ】の続きを読む


    1: 名無し 2018/10/01(月) 19:35:04.68 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太(38)が1日、ユーチューバーデビューを宣言した。
    自身のユーチューブチャンネル「カジサックの部屋」をこの日午後6時に開設。
    2019年の年末までに公式ユーチューブチャンネルの登録者数100万人を達成しなかった場合は、お笑い芸人を引退することも発表した。

    「カジサックの部屋」では、赤いジャージに白いタオルを頭にまいた姿がトレードマークのユーチューバー「カジサック」として動画を発信する。
    梶原は「一番最初は芸人が有名ユーチューバーの方に絡みにいくって新しいと感じ、行動したのがきっかけです。最初は目標もなく、がむしゃらに行動していたのですが、行動していく中でいろいろな人と出会い、タレント業をしながらユーチューバーになって成功する、という目標に至りました」とコメントした。

    現在は「分かりやすい所でいうと、休みなし、睡眠時間、家族の時間も取れない。それぐらい変わらないと結果は出ないと思っています」と、悲壮な覚悟を持って臨んでいるようで、相方の西野亮廣(38)は「ええやん、ええやん!」と大笑いしていたという。

    梶原は、タレント業をしながらのユーチューバーとしての成功を目標に掲げ、「今まで芸能人の方がユーチューブに参戦していますが、その方々とは違ったアプローチの仕方で、なにか新しい風を吹かせたいと、本気で考えています」と決意を明かしていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000142-sph-ent

    「キングコング」の梶原雄太がユーチューバーデビュー
    no title

    no title

    カジサック
    no title




    【「キングコング」梶原雄太、ユーチューバーデビュー!チャンネルの登録者数100万人を達成しなかった場合、芸人引退へ】の続きを読む


    1: 名無し 2018/09/30(日) 22:52:34.56 ID:FR4QD4R30
    第3回可愛い女YouTuberランキングの結果は以下の通り

    1位 かす。 1万4000票
    no title

    2位 ゆきりぬ 1万1000票
    no title

    3位 もえりん 7000票
    no title

    4位 本田翼 6000票
    no title

    5位 ねこてん 3000票
    no title




    【可愛い女YouTuberランキング第4位に本田翼がランクイン!!!】の続きを読む


    1: 名無し 2018/09/26(水) 10:09:08.29 ID:CAP_USER9
    no title


    「○○好き」を公言しているのに実はニワカだった……という芸能人は多いけれど、少なくとも本田翼(26)に関してはガチだったようだ。 

     このたび開設したYouTubeチャンネル「ほんだのばいく」に動画が初投稿されたのは、9月22日のこと。25日現在で再生数は約215万回、いわゆる“ファン”の数の目安となるチャンネル登録者は73万人である。事前にテスト配信して、YouTubeに登場することはアナウンスされていたとはいえ、これは驚異的な数字。21時におよそ2時間にわたって生配信を披露すると、視聴者は約14万人にも上った。今後は、不定期に動画を公開していく旨を明かしている。 

     現在、チャンネルに上がっている動画は上記のテスト配信を編集したもので、編集も本田自らが行ったという。注目すべきは、本田の顔出しはないという点。殺人鬼と鬼ごっこをするサバイバルホラーゲーム「Dead by Daylight」をプレイする本田が“ギャー”“やだやだ!”と叫ぶ声とプレイ画面だけの2分の動画が、上記の数字を叩き出しているのだ。 

     芸能人なんだし、YouTubeに登場すれば人気が出てあたりまえでしょ……と思うなかれ。 

    「タレントがゲームの実況動画に関わること自体はそう珍しくありません。今年3月にケイン・コスギ(43)が『League of Legends』をプレイ配信したのは話題になりましたし、HKT48の宮脇咲良(20)も半年前からYouTubeにチャンネルを開設しています。ケインはYouTubeではなくTwitchという配信サイトでの公開で、これは視聴者数が世界一の1万人を超えた。一方で宮脇は、これまで15本を『ちゃんねる宮脇咲良』に投稿していますが、100万回再生を超えたのはゲーム内のダンスを踊っている内容で、プレイ動画そのものはせいぜい70万回再生。もちろん十分すごいのですけれど、AKBグループで3番人気の宮脇が顔出し配信してこの数字ですから、本田がいかに人気かが分かるでしょう」(芸能記者) 

     その差はいかにして生まれるのか。 

    「やっぱり本当にゲームが好きか、だと思います。ケインや本田はまえまえからゲーム好きを公言していて、プレイからも本気っぷりが分かってくる。その点、宮脇は戦略的というか、仕事でやっている感があります。ゲームと仕事でいえば、『OPENREC.tv』なるゲーム配信サイトが、吉本興業や松竹芸能といった芸能プロと契約したと先月報じられました。今後は“ゲーム実況タレント”が増えそうです。人力舎もそのひとつ。本田と同じタイミングでドランクドラゴンの鈴木拓(42)が『スプラトゥーン』をプレイしていました。“土俵”が違うとはいえ、こちらの再生数は1万回台……」(同) 

     本田の所属するスターダストプロモーションも上記の契約を結んでおり、「ゲーム事業部」が発足。チャンネル開設には「そこの人に頼み込んで快諾していただいて叶いました」と経緯を明かしている。 

    ■芸能人は受注産業 

     こうした芸能人がゲーム実況につぎつぎと参入するこうした背景には、どんな事情があるのだろうか。上智大学の碓井広義教授(メディア文化論)の分析は、 

    「なんといっても、ゲームをスポーツとして捉える『eスポーツ』の流行が背景にはあるでしょう。先のアジア競技大会でも種目になりましたし、東京五輪はともかく、ゆくゆくはオリンピックで採用される可能性もあります。プロのゲーマーが増えれば、同時に観戦もビジネスになるわけで、プロダクションが目をつけるのは納得です」 

    >>2以降に続く 

    9/26(水) 7:31 
    デイリー新潮 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180926-00549191-shincho-ent&p=1 

    関連スレ 

    【芸能】本田翼、ゲーム実況生配信が初回から14万人超えの人気 トラブルも“神対応”で乗り切る★3 
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537661547/ 



    【女性YouTuber完全終了のお知らせwww「本田翼」が参入により駆逐されてしまう】の続きを読む


    C9bsSMbVYAAQ8CN

    1: 名無し 2018/09/17(月) 16:52:39.88 ID:CAP_USER9
    聞き手・湊彬子2018年9月17日16時42分
     10代に絶大な人気を誇るユーチューバーのワタナベマホトさん(25)。その制作現場を人気番組「ゴッドタン」などを手がけるテレビ東京プロデューサーの佐久間宣行さん(42)と訪れ、
    撮影と編集の様子を見学した。その後、2人は対談。人気テレビ番組とユーチューバーの動画編集の共通点や、音楽活動もするワタナベさんのユーチューブ以外の活動に込めた思いなどに話は及んだ。

         ◇
    ■「もうちょっと見たいな」くらいで終わる動画
     佐久間 いや~面白かった。勉強になった。動画をつくって、見せるまでのスピード感にはびっくりしました。編集がうまいですよ。思い切りのよさというか、
    判断するセンスがすごいなと思いました。見せたいものはここだ、と決めて編集している感じがしますね。で、「もうちょっと見たいな」くらいで終わる。狙いどおり?

     ワタナベ そうすれば、次の日も見たいとなるから。
     佐久間 ユーチューバーの編集じゃないと、あれを2分50秒には収められないですね。テレビの古いタイプのディレクターだったら、企画趣旨の説明に2分かかって、
    そのあとナレーションで「何も知らないデカキン(ドッキリに引っかかるワタナベさんの友人のユーチューバー)が……」と言っちゃう。時間をすごい気にしてるよね?
    https://www.asahi.com/amp/articles/ASL9C019ML9BUCVL03M.html



    【 超人気ユーチューバー、TVちゃんと見たら「勝てねえ」】の続きを読む

    このページのトップヘ