44e9df1e

    タグ:ワールドカップ

    GettyImages-481898440-800x478

    1: 名無し 2018/07/16(月) 07:17:13.84 ID:CAP_USER9
    7/16(月) 1:53配信
    フランスが20年ぶり2度目のW杯制覇! ポグバ&ムバッペが鮮やかゴール、計6発の打ち合い制す

     2018 FIFAワールドカップ ロシア決勝が15日に行われ、フランス代表とクロアチア代表が対戦した。

     ついにファイナルを迎えたロシアW杯。20年ぶりの大会制覇を狙うフランスはMFポール・ポグバやFWアントワーヌ・グリーズマン、FWキリアン・ムバッペらが、初優勝を狙うクロアチアはMFルカ・モドリッチ、MFイヴァン・ラキティッチ、FWマリオ・マンジュキッチらが先発に名を連ねた。


     立ち上がり10分はクロアチアがやや優勢に試合を進めたが、15分を過ぎると徐々にフランスがペースを握る。すると18分、ペナルティエリア手前右でFKを得たフランスは、キッカーのグリーズマンがゴール前へクロスを供給。クロアチアのマンジュキッチがヘディングしたボールがゴールへ吸い込まれ、オウンゴールでフランスが先制した。

     不運な形で先制を許したクロアチアだが、すぐに試合を振り出しに戻す。28分、敵陣でのFKをうまく繋ぐと、エリア内中央で受けたイヴァン・ペリシッチが絶妙なコントロールでDFをかわして左足一閃。強烈なシュートがゴール右下に突き刺さった。

     しかし、フランスが前半のうちに再びリードを得る。36分、右CKからのクロスボールがエリア内でクロアチア選手の手に当たると、ビデオの映像を確認した主審がPKの判定を下す。38分、グリーズマンがこのPKを冷静にゴール左下に決め、スコアは2-1となった。

     後半に入り59分、フランスは長いスルーパスで右サイドの裏に抜け出したムバッペが中央へ折り返すと、グリーズマンが落としたボールをポグバが右足ダイレクトで狙う。ここはDFにブロックされたが、こぼれ球をポグバが左足でゴール左に流し込み、フランスのリードが2点に広がった。

     勢いに乗るフランスは65分、エリア手前中央でパスを受けたムバッペがワントラップから右足を振り抜く。低い弾道の強烈なシュートがゴール左下に突き刺さり、4点目が決まった。

     苦しくなったクロアチアは69分、マンジュキッチが相手GKウーゴ・ロリスのパスをカットすると、このボールがそのままゴールへ転がり込み、2点差に詰め寄った。

     終盤はクロアチアが同点を目指して押し込んだが、フランスが集中した守備で対応し、試合はこのまま4-2でタイムアップ。フランスが1998年以来20年ぶりとなるワールドカップ制覇を果たした。

    【スコア】
    フランス代表 4-2 クロアチア代表

    『得点者』
    1-0 18分 オウンゴール(マリオ・マンジュキッチ)(フランス)
    1-1 28分 イヴァン・ペリシッチ(クロアチア)
    2-1 38分 マリオ・マンジュキッチ(PK)(フランス)
    3-1 59分 ポール・ポグバ(フランス)
    4-1 65分 キリアン・ムバッペ(フランス)
    4-2 69分 マリオ・マンジュキッチ(クロアチア)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00794424-soccerk-socc

    ★1がたった時間:2018/07/16(月) 01:53:48.45
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531683471/

    【【サッカー】フランスが計6発の打ち合いを制し優勝!クロアチアは準優勝!】の続きを読む

    GettyImages-481770320-800x544

    1: 名無し 2018/07/12(木) 05:54:10.09 ID:CptGCXSc0 BE:232392284-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
    決勝トーナメントを3戦連続で120分戦ったクロアチアは初の優勝をかけ、自国開催の1998年大会以来2度目の優勝を狙うフランスと対戦する。
    https://www.sankei.com/sports/news/180712/spo1807120001-n1.html

    【【W杯】決勝はフランスVSクロアチア 15日24時からキック・オフ】の続きを読む

    1: 名無し 2018/07/04(水) 12:06:18.79 ID:CAP_USER9
    コロンビア代表は現地時間3日、ロシアワールドカップ決勝トーナメント1回戦でイングランド代表と対戦し 。

     後半立ち上がりの54分、コロンビアのカルロス・サンチェスがペナルティーエリア内でハリー・ケインを倒してPKを献上。これをケインに決められビハインドを背負うことになった。

     カルロス・サンチェスといえばグループリーグ初戦の日本代表戦でもPKを与えている。香川真司のシュートを腕でブロックし、ホイッスルが吹かれた。カルロス・サンチェスにはレッドカードが提示されて退場。開始わずか3分という電光石火の出来事だった。そして、PKだけでなく数的優位の状況まで日本に与え、コロンビアは初戦を落としている。

     試合後、同選手のSNSには殺害予告が寄せられる事態に。コロンビアは、アメリカワールドカップでオウンゴールを献上したアンドレス・エスコバルが大会後に襲われ、射殺された過去を持つ。カルロス・サンチェスも同じような被害に遭ってしまうのではないかと強く懸念されたが、その後コロンビアは2連勝でグループリーグを首位通過。カルロス・サンチェス自身も最終節のセネガル戦でピッチに戻った。

     しかし、今回のイングランド戦で背番号6は再び失点に直結するミスを犯してしまった。その後、チームは同点に追いつくなど粘りを見せたが、最後はPK戦の末に敗れた。

     エスコバルが生きていた1990年代前半、コロンビアの治安は最悪だったが、現在は改善されている。とはいえ、カルロス・サンチェスは今大会で2度にわたってPKを与えてしまった。そして今回もコロンビアが敗れている。日本戦後には殺害予告もされているだけに更なる不安が募る。

    フットボールチャンネル7/4(水) 6:20
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180704-00279777-footballc-socc

    写真
    no title

    【【サッカー】日本戦で即レッドカード退場となったコロンビア代表カルロス・サンチェスが再びやらかし命が危ぶまれる…】の続きを読む

    1: 名無し 2018/07/03(火) 12:19:32.75 ID:CAP_USER9
    7/3(火) 12:13配信
    伊メディア柴崎岳&乾貴士を絶賛「なんてクオリティだ」川島には酷評「2失点の責任」

    2日のロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦、日本はベルギー戦で2-3の逆転負けを喫した。イタリアメディア『ユーロスポーツ』は、日本のMF柴崎岳およびMF乾貴士を高く評価した。

    ベスト16に進出した日本は2日、ベルギーと対戦。MF原口元気と乾によるスーパーゴールで先制しながら、2-3で逆転負けを喫し、悲願のベスト8進出を逃した。だがイタリアメディアは、「シバサキ、なんてクオリティだ」との見出しで4戦連続の先発出場を果たした柴崎を称賛。「日本では、イヌイとシバサキが最上級だった」と綴り、乾にも賛辞を送っている。

    柴崎には、チーム内最高評価となる「7」が与えられた。「彼は“日出ずる国のピルロ”と呼ばれる。ニックネームはともかく、確かなことは、ヘタフェの新MFがクオリティのある選手であるということだ。日本代表の攻撃で、面白いボールを何度も供給していた。ハラグチの先制点へのアシストは、ファンタスティックだった」

    続いて乾にも、柴崎と並ぶ「7」の評価が下されている。「ラインの間でファンタスティックだ。ベルギー守備陣全体が彼にあたふたしていた。2-0のゴールは偉大だった。残念なのは、彼をベティスが獲得してしまったこと。夏の移籍市場では、彼の名前でにぎわったかもしれないのに」と綴り、W杯開幕前に、ベティス移籍が決まっていなければ、争奪戦が起こっていた可能性を示唆した。

    一方、GK川島永嗣には、チーム内最低となる「5」の評価が下された。「何度かセービングは見せたが、ベルギーの1点目および2点目は彼の責任だ」と綴り、日本の3失点のうち2点が川島のミスによるものだと指摘した。

    また西野朗監督には、川島に次ぐ「5.5」の採点をつけ、「ゲームプランは完ぺきだった。69分までは『10点』の出来だった」として、途中までは完ぺきであったことを称えた。「だがそのあと交代を忘れてしまった。彼のチームは消耗しきっており、信じられない逆転劇を許した」と終盤の采配に厳しい見解を示した。



    『ユーロスポーツ』の日本代表の採点は、以下の通り。

    監督

    西野朗 5.5点

    GK

    1 川島永嗣 5点

    DF

    5 長友佑都 6.5点

    19 酒井宏樹 6.5点

    3 昌子源 6.5点

    22 吉田麻也 6.5点

    MF

    7 柴崎岳 7点

    16 山口蛍 5.5点

    8 原口元気 6.5点

    4 本田圭佑 6点

    10 香川真司 5.5点

    14 乾貴士 7点

    17 長谷部誠 6点

    FW

    15 大迫勇也 5.5点

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000013-goal-socc
    no title

    【【サッカー】伊メディア柴崎岳&乾貴士を絶賛「なんてクオリティだ」一方、川島さんは…】の続きを読む

    dfs

    1: 名無し 2018/07/03(火) 08:01:17.51 ID:CAP_USER9
    スペイン、イタリアメディアが共に最高評価したのは乾

    サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日(日本時間3日)、決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーに2-3で敗れ、史上初の8強進出を逃した。一時は2点をリードしながらも、最後は後半アディショナルタイムにカウンターから決勝点を許した。壮絶な逆転負けを喫したが、前評判を覆す大健闘を見せた日本代表の選手たちを、欧州メディアはどう評価したのか。採点を公開している。

     スペイン紙「マルカ」が最高点の「3」を与えたのは、後半7分に美しい無回転ミドル弾を突き刺したMF乾貴士だった。一時はリードを2点に広げる圧巻のゴール。1点目の起点にもなった背番号14に、ベルギーFWエデン・アザールと並ぶ最高の評価を下していた。

    「2」はDF長友佑都、DF酒井宏樹、MF柴崎岳、MF香川真司の4人。西野朗監督も「2」だった。

    「FOXスポーツイタリア」も両チーム最高点となる「7」を乾につけている。寸評ではこう説明している。

    乾は「日本代表において最上の選手」

    「彼は日本代表において最上の選手であった。美しいゴールを決めてみせた。素晴らしいプレーぶりで、彼とナガトモはよく機能していた。W杯後、ベティスは彼のことが待ちきれないだろう」

    「7」をつけているのは、乾と、途中出場で決勝点を決めたベルギーMFシャドリだった。

    【マルカ】(最高3点)
    GK川島 1点
    DF酒井宏2点
    DF吉田 1点
    DF昌子 1点
    DF長友 2点
    MF長谷部1点
    MF柴崎 2点
    →山口 1点
    MF原口 1点
    →本田 採点なし
    MF香川 2点
    MF乾  3点
    FW大迫 1点

    【FOXスポーツイタリア】(最高10点)
    GK川島 6点
    DF酒井宏6点
    DF吉田 6.5点
    DF昌子 6点
    DF長友 6.5点
    MF長谷部6点
    MF柴崎 6点
    →山口 採点なし
    MF原口 6.5点
    →本田 採点なし
    MF香川 6.5点
    MF乾  7点
    FW大迫 6点

    the answer 7/3(火) 7:46配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180703-00028400-theanswer-socc

    【【サッカー】ベルギー戦の欧州メディアの選手採点一覧!日本代表MF乾を最高評価!】の続きを読む

    dfs

    1: 名無し 2018/07/03(火) 01:44:29.99 ID:Fpy1GhmB0
    \#ロシアW杯 速報中📢/

    #日本代表 がスタメンを発表🇯🇵(vs🇧🇪)

    GK
    #川島永嗣

    DF
    #長友佑都
    #昌子源
    #吉田麻也
    #酒井宏樹

    MF
    #柴崎岳
    #長谷部誠
    #乾貴士
    #香川真司
    #原口元気

    FW
    #大迫勇也

    速報はこちら👇
    shr.gs/SbT1ad

    【【速報】日本代表、ベルギー代表のスタメン発表!!!台湾さんも全力で応援してくれる模様!!! 】の続きを読む

    news_214624_1

    1: 名無し 2018/07/01(日) 12:04:26.76 ID:giJKC2am0● BE:601381941-PLT(13121)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
    「弱点は川島」ベルギー公共放送がバッサリ…日本戦は“予行演習”/W杯

    ベルギーの公共放送RTBF(電子版)が日本の戦力を分析。その“弱点”を厳しく指摘した。

    ベルギーの公共放送が、日本の守護神をバッサリ切り捨てた。

    「日本の弱点は間違いなくGKの川島。経験は豊富だが、プレーには不安がある」

    川島はかつてベルギーのリールス、スタンダールに在籍した。RTBFは「1次リーグ3試合ではミスで2点を
    献上した。コロンビア戦ではFKへの反応が遅れ、セネガル戦ではパンチング(ミス)でマネに得点を許した」と
    酷評した。

    日本の右サイドも弱点として挙げた。「原口の動きにさえがない。左サイドの乾ほどのインパクトがない」。
    MF原口ら右サイドと、MFカラスコらベルギーの左サイドの攻防がポイントとなりそう。日本の強みについては、
    「大迫に運動量があり、驚くほど多くのプレーに絡む。左サイドの乾と長友は疲れ知らず」と攻撃面を評価した。

    一方、同国の地元紙「HLN」は「ベスト16で日本を相手にウオーミングアップした後、ブラジルに対してその力を
    証明する必要がある」と指摘。日本戦は“予行演習”で、ブラジルと当たる可能性がある準々決勝に早くも関心が
    向いているようだ。

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20180701/jpn18070105020013-n1.html


    関連
    本田圭佑「ベルギー? 弱点はピックアップしてありますよ」 西野「なんて頼もしい…」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1530400777/

    【【サッカー】ベルギー、日本代表の弱点を見つけてしまう ・・・】の続きを読む

    GettyImages-963302914-1-800x533

    1: 名無し 2018/06/29(金) 22:43:23.88 ID:ARQFlgG+0● BE:299336179-PLT(13500)
    帰国会見のセレモニーで赤絨毯に向けて

     グループリーグ最終戦でドイツ相手に歴史的勝利を飾り、世界中のサッカーファンに衝撃を与えた韓国代表。惜しくも決勝トーナメント進出は果たせなかったが
    、偉業を成し遂げた代表チームをメディアもファンも大いに称えた。
     
     とはいえ、敗北は敗北である。その事実に納得のいかない一部のファンが暴挙に出た。韓国の全国紙『中央日報』や『朝鮮日報』が大々的に報じたのは、代表チームの帰国会見で起きた事件だ。
    仁川空港の特別会場で、なんと彼らに向けてふたつの生卵が投げつけられたのである。
     
     2段のレッドカーペットに整列したシン・テヨン監督と22名の戦士たち(1名は欠席)。まさにセレモニーが始まろうかというタイミングで、向かって右側から卵が飛んできた。
    幸いにも誰にも直撃せず、赤絨毯の上で破裂したが、そこにはふたつの巨大なシミが残った。『中央日報』はこう報じている。
     
    「ソン・フンミンはずっとそのシミを眺めていた。マイクを持って『みなさんのサポートと歓迎に感謝します』と語ったが、そのあともそのシミに目を向けていたのだ。エースはなにを感じ取ったのだろうか」
     
     愚行に及んだ3~5名のグループはすぐさま取り押さえられ、強制退去を命じられたという。シン・テヨン監督も「みなさんのおかげで最後に1%の奇跡を起こすことができました」と謝意を述べたが、
    どこか後味の悪いセレモニーとなってしまった。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180629-00043193-sdigestw-socc

    【【サッカー】韓国代表、ドイツ相手に歴史的勝利を飾るも生卵をぶつけられる…】の続きを読む

    このページのトップヘ