44e9df1e

    タグ:アメリカ


    1: 名無し 2018/10/10(水)13:04:39 ID:g2n
    女性警察官が退勤して家に帰る

    なぜか玄関のドアが鍵で開けない

    その途端、突然ドアが開いて見知らぬ黒人が出てくる

    ビビった女は咄嗟に銃を撃ち射殺する

    実は自分のお家は1階上でここは1階下の家だった

    no title

    no title

    no title




    【【悲報】アメリカの女性警察官さん、黒人男性に正義の鉄槌を下す】の続きを読む


    1: 名無し 2018/09/29(土) 10:07:18.26 ID:baxMSRlJ0● BE:842343564-2BP(2000)
    列車内でヒゲそり男性を襲ったネットの悪意が一転したワケ 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000017-nkgendai-life 
    no title


    悪意も善意も大幅に増幅するソーシャルメディア……アンソニー・トーレスさん(56)は、それを身をもって体験した。

     米紙ワシントンポスト(9月18日付電子版)などによると、アンソニーさんは何回か病気を患い、大けがをする不運が重なり、ホームレスになってしまった。いくつかの街を路上や橋の下で過ごし、ニューヨークのマンハッタンにたどり着いた。そこで強盗に遭うなどして、いよいよ生きていけなくなり、アンソニーさんはきょうだいに電話をかけ、助けを求めた。

     アンソニーさんはお金を送ってもらい、ニュージャージー州アトコに住む別のきょうだいの家に身を寄せることに。

     9月13日夜、アンソニーさんはニューヨーク市のペンシルベニア駅からアトコに向かう列車に乗った。何日かシャワーを浴びておらず、無精ヒゲが伸びていた。

    「きょうだいや、その家族に不快な思いをさせたくない……」

     そう考え、何とか身ぎれいにしたいと思ったアンソニーさんは、カミソリとクリームを買い、他人に迷惑がかからないように、車窓を鏡にヒゲをそり始めた。ところが、同じ車両に乗っていた乗客の1人が、この様子をスマホで撮影し、動画をツイッターに投稿したのだ。この動画は急拡散し、数百万回も再生された。

     そして事情を知らない人びとの反応は残酷だった。

    「無精すぎる」「まるで動物」「下品な人」などの罵声がツイッターに飛び交った。

     ところが3日ほどすると“潮目”が変わった。AP通信などが騒ぎを知り、アンソニーさんの不幸な経歴と、列車内でヒゲをそっていた事情を報道。「私の事情を知らずに、批判しないでください」というアンソニーさんの声を伝えた。

     あれほどアンソニーさんをバッシングしていた人びとの反応は、同情へと変わった。

     ある男性はAP通信の記事にリンクを張り、「私と同じように、列車内でヒゲをそる男の動画をシェアしたなら、この記事を読んでくれ。あらゆるものを急拡散するバカな動画におとしめてしまうわれわれの文化を反省すべきだ」とツイート。

     最初に動画を投稿した男性も「誰かを傷つけるつもりはありませんでした」と謝罪の言葉を投稿した。

     さらにジョーダン・ウフルさんという男性が、ソーシャルファンディング「GoFundMe」にアンソニーさんを支援するサイトを設立。アンソニーさんを嘲笑した人びとが謝罪の意味で次々に寄付を行ったこともあり、10日ほどで、1600人以上から4万2000ドル(約477万円)近く集まった。

     また、仕事のオファーもいくつか寄せられた。こちらのほうは残念ながら、身体の障害のため辞退せざるを得なかったという。

     圧倒的な人びとの同情と好意に、アンソニーさんはワシントンポストに「すごく幸せです。生まれ変わったような気分です」と語った。

     アンソニーさんは、今はきょうだいの家で世話になっているが、近い将来、寄付金でトレーラーハウスを買い、二度とホームレスにならずに済むようにしたいと計画しているそうだ。



    【うわぁ、電車の中でヒゲ剃ってる人いるパシャ→SNSに拡散→全米が泣いた】の続きを読む


    1: 名無し 2018/08/31(金) 23:59:20.96 ID:M1s+COZm0● BE:324064431-2BP(2000)
    女性警官、泣き叫ぶ赤ん坊見つけ母乳あげる

    (CNN) アルゼンチン東部ブエノスアイレス州で最近、女性警官が地元の病院で泣き叫ぶ赤ちゃんを見つけ、その場で母乳をあげる出来事があった。その様子を撮影した画像がインターネット上に投稿され、話題となっている。

    ジャクリーン・アジャラさんは今月14日に地元の子ども病院を巡回中、赤ちゃんが泣き叫ぶ声を聞いた。最近、自分も母親になったばかりのアジャラさんは、泣き声からおなかがすいているのだとわかった。

    そこで、病室の外のいすに座り、母乳をあげ始めた。

    同僚のマルコス・エレディアさんは突然の行動に驚いたが、その様子を撮影し「今日あなたが赤ちゃんに示した素晴らしい愛の行為を世界に伝えたい」との文言を添えてフェイスブックに投稿。これまでに10万回以上共有された。

    エレディアさんはCNNの取材に対し、なぜ病院のスタッフが赤ちゃんに食事を与えていなかったのかはわからないと答えた。病院やアジャラさんからのコメントは得られていない。

    ブエノスアイレス州警察によると、アジャラさんは病院の管理者と話をしてから授乳を始めたという。この赤ちゃんは最近母親の元を離れたばかりで、理由については明かされていない。

    アジャラさんはこの行為で巡査部長に昇進した。州の治安担当幹部は、泣き叫ぶ赤ちゃんをなだめようと自発的な愛を示したアジャラさんに感謝したいと述べ、「我々が誇るべき警察官だ」とたたえた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-35124388-cnn-int


    画像
    no title




    【美人な女性警官が泣き叫ぶ赤ん坊を見つけボロン「お飲みなさい」母乳を与える【画像】】の続きを読む


    1: 名無し 2018/09/01(土) 08:00:57.71 ID:CAP_USER9
    【9月1日 AFP】米国の人気ドラマ「ER緊急救命室」に出演していた女優のヴァネッサ・マルケス(Vanessa Marquez)さん(49)が、ロサンゼルス郊外の自宅で警察官に撃たれ死亡した。マルケスさんが銃のようなものを向けたことが発砲の理由だったが、後にこれは空気銃だったことが判明した。当局が31日、発表した。

     地元警察当局によると、警官らは30日、家主からの通報を受け、米ロサンゼルス郊外パサデナ(Pasadena)にあるマルケスさんの自宅に急行。警官らが到着した時、マルケスさんは発作を起こしているようだった。

     警官と精神保健の専門家が1時間半以上にわたり医療機関の支援を受けるよう説得したが、マルケスさんが拳銃のようなものを取り出し警官らに向けたため、警官が発砲。警官らが後に武器を調べたところ、半自動拳銃に似た空気銃だったことが判明した。

     マルケスさんは1994~97年に「ER」で看護師のウェンディ・ゴールドマン(Wendy Goldman)役として出演。さらに人気ドラマの「となりのサインフェルド(Seinfeld)」や「メルローズ・プレイス(Melrose Place)」などにも出演している。昨年には、セクハラや人種差別について意見したことを理由に共演者のジョージ・クルーニー(George Clooney)さんによって「ER」を降板させられたと主張し、注目を集めていた。(c)AFP

    2018年9月1日 7:14 発信地:ロサンゼルス/米国 [ 米国 北米 ]
    http://www.afpbb.com/articles/-/3188057?act=all



    【米国の人気ドラマ「ER緊急救命室」に出演していた女優が警察官に撃たれ死亡】の続きを読む

    このページのトップヘ